運転免許の種類って?

運転免許の区分って?

運転免許はまず大きく3つに分けられます。それは第一種運転免許と第二種運転免許、そして仮免許です。第一種運転免許は普段の生活の中で運転をする時に必要な免許です。第二種運転免許は仕事の上で人を乗せて運転する場合に必要な免許です。例えば、バスの運転手やタクシードライバーになるためには第二種運転免許が必要不可欠です。第二種運転免許は取得する条件は第一種運転免許を取得するための条件より厳しく設定されていて、21歳以上でかつ第一種運転免許を取得してから3年以上の運転経験を持つものとなっています。仮運転免許とは運転免許をとるために公道で運転の練習をするための免許です。この免許は教習所で取得することができ、適性試験合格から半年間有効です。仮免許のものが公道で運転する場合は同乗資格のある人に助手席に乗ってもらい、決まった位置に仮免許練習中の標識を掲げる必要があります。

何の免許をとればどんな車に乗れる?

運転免許には普通自動車免許、準中型自動車免許、中型自動車免許、大型自動車免許、原付免許、普通自動二輪免許、大型二輪免許、小型特殊免許、大型特殊免許、そして牽引免許があります。一般的な車を運転するために必要なのは普通自動車免許であり、一般的なバイクを運転するために必要な運転免許は普通自動二輪免許です。準中型、中型、大型はいわゆるトラックを運転するために必要な免許です。原付免許では基本的に原付しか運転できません。大型二輪免許では普通二輪より大きなバイクを運転することができます。小型特殊はフォークリフトなど、大型特殊はクレーン車などの特殊車両を運転するためには必要です。けん引免許を持っていればトレーラーなど運転席と荷台が離れている車両を運転することができます。
これらの運転免許は基本的に、車体が大きい車を運転できる運転免許をとれば、それよりも小さい車は運転することができます。例えば大型自動車免許を取得していれば中型車、準中型車、普通車、小型特殊車、原付を運転することができます。ただし、大型自動車より小さいとはいえ、原付以外の二輪車は運転することができません。一番取得者の多い普通自動車免許を取得した場合、普通自動車の他に小型特殊自動車と原付を運転することができます。
また、普通自動車と普通自動二輪はオートマチック限定という取り方もでき、近年の普通自動車はオートマチック車が基本となっているので、よほど車にこだわるわけでなければオートマチック限定でよいとされています。さらに、オートマチック限定の免許を取得してからその限定を解除するという方法もとることができます。

運転免許は色々ある

このように運転免許には様々な種類があります。自分の運転したい車に合わせて運転免許を取得してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です